「嘘つき」は「幸せ」のはじまり

image私は、幸せ。
私は、運がいい。

そんなふうに、自分に言い聞かせて
そんなふうに、思おうと必死だった遠い過去もあった気もします。

あの頃は、

つらさを隠して…
苦しみを隠して…
悲しみを隠して…

自分に
「嘘」をついていたと思います。

それらを、
なるべく感じないように。

本音では…

ありがたくもないことに
「ありがとう」と唱えたり

本音では…

死ぬほど辛いのに
「よくあること」と強がったり

本音では…

「人助け」のマネごとして
「助けて!」と叫びたいほどの
孤独を誤魔化したり。

しかし、

それらの
「嘘」を暴いてくれるかのように

ますます

辛い事は、起こり
苦しみは、減ることはなく
悲しみは、続き…

(というより、それらを見事に捏造し)

繰り返し、

「現実」を
「真実」を

見ることになりました。

それらの出来事によって、

「自分に隠していた感情」に

出会うのです。そして

「自分に隠していた感情」を

じっくりと
辛いと感じ尽くし

じっくりと
苦しいと感じ尽くし

じっくりと
悲しいと感じ尽くし

体の中が
空っぽになったとき

一瞬で
全てが

変わりました。

人から見たら、

昨日と同じ私、
だったろうと思いますが

「変わった」というより、
「別の世界に生まれた」

かのように、

私から見える世界は
私が感じる世界は

今のように、なりました。

今は、

どうしようもなく、幸せで
どうしようもなく、運が良すぎると

思わされます。

「思おう」としなくても
「思わされてしまう」のです。

何かラッキーなことがあった?
わけでもなく

何か特別なことがあった?
わけでもありません。

以前から、
変わらずそこにあったものが

「嘘」をついていたがために

まったく見えず
まったく感じられていなかった

だけなのです。

「嘘」によって
心が曇っていたために。

その曇りを取り除こうと
さらに「嘘」を重ねていたために。

しかしその

「嘘」こそが
「真実」を教えてくれました。

「嘘つき」を認めることが
「幸せ」の始まりだった、のです。

…….

表裏一体、
陰と陽、

などと言いますが
そういうことなのだろうと、思います。

「陰と陽」

いや、

「隠と要」

とも言えるかもしれません。

「隠していることの中にこそ、要(かなめ)がある」

のです。

あなたは、
あなたに、

隠していることは
ありませんか?

あなたは、
あなたに

嘘をついていませんか?

嘘をついていない、という
嘘をついていませんか?

人は騙せても
自分だけは、騙せないものです。

そろそろ
準備ができたから

このような
誰だかわからない人間が書いた
長ったらしいものに出くわして

ここまで、読んでしまった
のでは。

あなたが、
あなたの中に

あるのに
「ない!」と嘘をついていたこと。

ないのに
「ある!」と嘘をついていたこと。

それらを
じっくり感じ尽くすとき

あなたは、きっと、

身悶えるほど、苦しい。

たぶん

強烈に、寂しい。
強烈に、つらい。

とても、幸せ?だなどと
とても、ありがたい?などと

そんな言葉すら
忘れてしまう。

しかし、

もう感じることがなくなって
何も吐き出すものがなくなって

心が
空っぽになったとき

やっと、
あなたは、
あなたに戻る。

あなたに還る。

さあ、還っておいで。
もう、還っておいで。

あなたが
あなたを
待ってるから。

そこでは、もう
嘘つかなくて、いい。

誰かのように、ならなくていい。

強さや、
美しさや
賢さや
幸せを、演じて見せなくていい。

あなたの無邪気が
あなたを導いていくから。

あなたの「本当の世界」に。

って、いつかの私に言ってやりたいけど、聞こえなかっただろうな。

聞こえたフリは、上手かったかもしれないですけどね。

…….

というわけで、
私は、どうしようってくらい
幸せです。

そう言うと
「どうもしなくていい」とか言われます。笑

どうにかしなきゃ、って
必死だったのにね。

(最後はやっぱりノロケなのね。笑♡)

……..

メールマガジン
「自分スタイル」を生きるレシピ
https://mm.jcity.com/MM_PublicSubscribe.cfm?UserID=naito&MagazineID=4&MoreItem=1

Amazon著者ページ
http://www.amazon.co.jp/-/e/B00C6QABV4

YouTube内藤加奈子チャンネル
https://m.youtube.com/channel/UCwQnnLS1iUT4XGxJQ-CqNjA_PublicSubscribe.cfm?UserID=naito&MagazineID=4&MoreItem=1