「幸せな女性」と「不幸せな女性」のたった1つの違い

image
仕事柄、いろんな女性に会います。今日は「幸せな女性」と「不幸せな女性」のたった1つの違い、について書きます。

結論から言います。

不幸せな女性は、いつも

「ここに無いもの」

のことを考えています。
そして思い悩んだりしています。

たとえば、わかりやすいのが
不倫や片思い。

「ここに居ない人」

のことを一生懸命考えて

「今ここにあること」

のことは、そっちのけ、となります。

あの人はどうしているのか?
自分のことをどう思っているのか?

考えてもわからないことのために時間を浪費します。そしてそれを「頑張り」であると勘違いし(たがり)ます。

また、SNSなども同様です。

目の前の美しい景色を、じゅうぶんに目や心に焼き付けることをしないまま、携帯のカメラで撮影に興じ、アップロードを見守る間も、その美しい景色はそっちのけ。

目の前にどんな美味しい食事が運ばれてきても、その味をじゅうぶん味わうこともなく

目の前にどんな魅力的な男性が現れても、その人物の魅力を感じることはなく

いつも上の空で

「今ここに無いこと」

を追いかけるゲームに没頭しています。

そのゲームは

「ここに無いものを追いかけるゲーム」であり
「いま足りないものを探すゲーム」です。

そして気がつけば、そのゲームの面白さのトリコとなっていきます。

そして

「目の前にあるものが見えない」
「目の前にあるものには価値を感じなくなる」

という副作用に気づかないままに
歳をとります。そうやって

今、喜ぶことを逃し
今、心地よいことを逃し
今、笑うことを逃し

「今」ではない
「いつか」を追いかけまわして。

「自分」ではない
「誰か」を追いかけまわして。

そうしている間に、1年や2年や3年などすぐに過ぎてしまい、20代だった女は30代になり、40代になり

「無くても幸せ」

というウソまでつくようになるのです。

そして現実から目を逸らすために「私は幸せ」「私は大丈夫」と言うようになります。すると周りの人は、彼女を放置するようになります。

もう幸せなのだから、彼女を幸せにしてあげたい、喜ばせたい、とは思わなくなるからです。

….….

では「幸せな女性」はというと

「今あるもの」

に集中して生きています。

一杯のお茶を美味しくいただいて、その味に集中しているので(集中という意識もないものですが)

「今ここに無いもの」

のことが頭をよぎるスキマがありません。

今ここに居ない人のことも
今ここに無いもののことも

考える必要がないので
頭に浮かばないのです。

今、美味しいものを美味しいと感じるから、自然と心も動き

今、嬉しいと感じることがとても嬉しくて、自然と感謝が深まり

今を喜び
今を楽しむことが上手なので

周りの人も、彼女をもっと喜ばせたいと思うようになり

彼女は、今を生きているだけで、周りの人が幸せをサポートしてくれるようになるのです。

……

「不幸せな女性」が、どんなに

幸せ
嬉しい
楽しい
ありがとう

といった「ポジティブな言葉」を使ったとしても、それは「ウソ」でしかありません。

そのウソにより、ますます感じる心にもフタがされ、抑えつけられ、満たされない怒りに変わり、攻撃的になることもあります。

ポジティブな言葉は、脳を一時的にダマせるといいますが、それはあくまで脳であり、一時的であり、無意識に全身から湧き上がり続ける至福とは全く別のものです。

同じ言葉を使うのでも、それが

アタマが考えて口に言わせたのか
カラダから勝手に滲み出たのか

どちらなのかは
現実が現していることでしょう。

……

もし今、不幸せと感じるなら
今の不幸せを存分に味わうこと。

逃げずに
誤魔化さずに。

いま足りないものがあるのなら
なぜそれを足りないと感じるのか

何度でも深く
自分に問いかけること。

足りないからと、他人や物で埋めようとするほど、あなた自身が置き去りになり

あなたが
あなたを
キャッチする

ことから遠ざかるだけ。
(自分に正直に、というと、暴言を吐いたり、恨み憎みを撒き散らす人が出てきますが、やってみるとそれは不必要だとわかるでしょう。

自分に正直に、とは、自分に対して正直にあることで完結することです。

どんな感情も、自分にだけ濃密に知らせれば、その感情は通過する、のです。

重要なのは感情ではなく、その起伏から「自分を知る」ことなのです。)

そこから、です。

「今」を正直に
「そのまま」感じ取るためには

どんな「今」でも、
どんな「自分」でも

それをそのまま
ナマのまま、味わうこと。

そして、ここにいる

どうしようもない
どうにもならない
なににも代えがたい

「自分を感じる」こと。

ほかの誰かではなく。
ここに居ない誰かのことではなく。

今の「自分」を感じること。
今の「自分」に思いを遣ること。

それが

「自分を大切にする」

ということです。

……

ここでは「不幸せな女性」と言いましたが、正確には

「不幸せだと思い込んでいる女性」

です。

「いまここに居ない人」
「いまここに無いもの」

のことを思うほど
不幸せだと感じるだけ、なのです。

同じブランドもののバッグを持って
同じ素敵な服を着ていても

「幸せな女性」と
「不幸せな女性」が存在します。

何を持とうが、持つまいが

「今を感じる」
「今を生きる」

「自分を感じる」
「自分を生きる」

自分にウソをつかず
自分に素直に、正直に。

それはもう、ストイックなまでに。自分自身の奴隷になって。

そうやって生きている人は、

自分の中に全てがあって
自分が全てを生み出すことができる

と「知って」います。

「信じる」のとも違い
「念じる」のとも違うのです。

「知って」いるのです。

……

最後に。

「幸せな女性」と
「不幸せな女性」の違い

それは

「何のことを感じているか」

だけなのです。

今ここにある自分を感じるのか
今ここに居ない誰かに囚われるのか

いま現在を感じるのか
まだ来もしない、今ここにありもしない「いつか」に囚われるのか

それだけの違いです。

あなたはどちらですか?
あなたはどちらを選びますか?

「今」の「自分」は、見逃せない面白さがありますからね。失敗したり、間違えたり、勘違いしたり、相当笑えるはずですから。笑

また私の場合、身近な人のおかけで全てが成り立っているので、自分=身近な人、なのでいつも一人じゃない気がしています。みんなそうかな。

ちなみに、いま新幹線で、前の席のオジサマと、後ろの席のオバサマが、揃ってイビキをかいてます。わたしもイビキをかけばビンゴ、です。笑image

【追記】

こういう話をすると

「今ある幸せに感謝しましょう」

って話だと勘違いする人がいます。

ちっとも幸せと思わないくせに

「幸せに感謝します!」

とかって、ただのウソですから。

今の自分にウソをつかないことです。それが自分を大切にすることにもなります。

感謝とかって、わざわざするものでもないし、心がけ?るものでもない。ただ感じたときに勝手に溢れる涙みたいなもの。

自分がどう感じる人間なのか

それがどんな自分でも。

矯正したり
誤魔化したり
責めたり
取り繕ったりしない。

それが自分を粗末にしない、ということです。

嬉しいと感じたら、嬉しいと言えばいいし

ありがたいと感じたら、ありがとうと言えばいいし。

私は時々言い過ぎるようですが。感じるものは仕方ないですからね。感じたことにフタするのも嘘になりますからね。

フェイスブックのシェア、フォローは大歓迎です。

https://www.facebook.com/kanako.naito.391

内藤加奈子のメールマガジン
「自分スタイル」を生きるレシピ
https://mm.jcity.com/MM_PublicSubscribe.cfm?UserID=naito&MagazineID=4&MoreItem=1

Amazon著者ページ
http://www.amazon.co.jp/-/e/B00C6QABV4

YouTube内藤加奈子チャンネル
https://m.youtube.com/channel/UCwQnnLS1iUT4XGxJQ-CqNjA_PublicSubscribe.cfm?UserID=naito&MagazineID=4&MoreItem=1

店舗コンサルの仕事のウェブ
http://www.vert-vmd.com

仕事のFacebookページ
https://www.facebook.com/kanako.naito.vmd