もっと汚くて美しい、自分の中へ。

Processed with MOLDIV

「批判されたときは、こう考えるといいよ」という記事を書いたら

最近のことのように読めみたいで

「やっぱりあるんですね」

的なことを言われました。

ごめんなさい。実のところ

少なくともここ1年以上
その類のものは、届いていませんで。

「あったんですね」

という過去の話です。

(煩わしかった方、ごめんね)

当時は、たしかに

「ガーン。」
「怖いよぉ。」

と、しょげると当時に

「どうしてそんなこと言われなきゃいけないの!」
「知りもしないのに憶測だけでよく言えるな!」
「オマエだれだよ、神様かよ!?」

と思っていました。

(お口が悪くてごめんなさい♡「オマエ誰だよ?」は「わたしがわたしの神になれ」ということなんですよね)

まだ、自分のことを放っておいて
他人にばかり構っていた時代です。

この記事にも書きましたが

うまくいくとか
幸せとか

不安になるクセがありました。

そんな毎日なので
ヒマすぎて

「こんなに毎日平穏でいいんだろうか」

なんて思っていたら

「批判とかされたら安心できるのになぁ」

なんて具合に
批判について考えたんでしょうね。

そこで

「おおおおお!コレは使える!」

みたいなアイデアが出たので

昨日の記事

「嫌われる」「好かれる」「そこに居る」という社会貢献

に書いてみました。

要約すると

「嫌われても、批判されても、それは相手の問題だから、自分に集中して生きようぜ」

という話を書いたのですが
こんなコメントをもらいました。

FullSizeRender 102
そりゃムカつきますよね。
ムカつかなかったらおかしいです。

「オマエ誰だよ(どちらさまですか?)」

って話ですから。

「バックグランウンドを何も知らないくせに、表面だけ見て、何を爆弾投げたつもりになってんの?」

って話ですからね。

勘違いされている方がいるといけないので
こんなふうに、追記、しときました。

FullSizeRender 103
FullSizeRender 104
(コメント欄以上)

大事なので
記事の文中からもう一度。

—————-

どんどん妬んで
どんどん望みを知ったらいいし

どんどん嫌って
どんどん好きを見つけたらいいし

どんどん批判して
どんどん真理に出合ったらいい。

そして、妬み、嫌い、批判する自分に
絶望したらいい。

こんなに幸せになりたいのか、って。

貪欲な自分に、呆れ果てたらいい。

そしてそれに従って

妬む自分 vs 望む自分
嫌う自分 vs 好きに生きる自分
批判する自分 vs 真理に出会う自分

という

『自分世界大戦』
を勃発させ続けたらいい。

——————

と、お話ししています。

一切のブレーキなどかけず

絶望するほど、人を妬め。
絶望するほど、人を嫌え。
絶望するほど、人を批判しろ。

「自分世界」の中で、存分にね。

吐き気がするほど
嫌悪したらいいのです。

吐くものがなくなるまで
汚いものを吐き出せばいいのです。

吐くものがなくなれば
自分の腹の中がよく見えますよ。

そこで見えた腹の中を
どう見据えるのか。

見据えたものを
どう人生に活用、応用していくのか。

そのアレンジ方法が
「生きるセンス」ではないでしょうか。

以前の私みたいに

嫌われるのが怖い人って
けっこういるだろうなって。

他人に気をつかいすぎて
自分を見失うような

うちにこもりやすい
感じやすい人。

けれど、強がることなく
他の誰かになろうとするのでもなく

感じやすいまま
もっと感じながら
自分を生きる技術。

そんな本も書いてみようかな。

まだの方は
ぜひ読んでみてください。↓

昨日の記事

「嫌われる」「好かれる」「そこに居る」という社会貢献

人生をどう楽しむか
味わうか、アレンジするか。

同じ言語で
それぞれの方向を見据えて

話ができる人たちと
一緒に遊びたい。

実際、
こういうのを読んでくださったり
会って話を聞いてくださった方とは

旧知の仲のように
前置きも説明も不要で
いきなり具体的に話せるので

流れが良くて
気持ちいいんですよね。

わたしがこうやって書くのは
その遊びのためなのかなと
思っています。

もしくは

書くというのは
自分と話している感じになるので

書くほどに発見があって
楽しいから。

書くのは大好きで
あと「配置」も仕事にするほど好きなので

(店舗ディスプレイのプロです)

文字を使って
白紙の上に配置して

「書けたわあ♡」

なんて
うっとりしながらアップしてます。

よく書く言葉で

あなたが
あなたに
なるために。

↑この配置とか、
「素敵やん♡」って思ってます。笑

もしこれから
人前で話すなどするとしても

わたしには「真剣な遊び」であり
ただ生きることの一部です。

仕事かそれ以外かの境目は
線引きが未だによくわからなくて。

またさらに
新しい世界が、はじまり続けています。

Processed with MOLDIV写真は、ある女神の勧めで入手してみた、ミラクル?オラクル?カード。こういうの疎かったのですが、面白いですね。44枚もあるのにこればっかり出る。

「Go Now」・・・状況は熟し、完璧です。宇宙はあなたの行動をサポートしようと準備しています。って意味らしい。

さあ、あなたも。
もっと、汚くて美しい、自分の中へ。

Go Now.

フェイスブックのシェア、フォローは大歓迎です。

Twitter
https://twitter.com/kanakonaito

Instagram
https://www.instagram.com/kanakonaito/

店舗系のビジネス本ですが7冊。Amazon著者ページ
http://www.amazon.co.jp/内藤-加奈子/e/B00C6QABV4/ref=sr_tc_2_0?qid=1459483754&sr=8-2-ent