ネットのなかには見つからない、女にとって最も大切なもの

fullsizerender-159
西の空。
龍みたいな雲ですね。

お正月は
ホテルを泊まり歩いていたので

さぼっていた家事を片付け
そろそろ子供の迎えです。

この年末から、年始にかけて

ずいぶんと
自分に変化がありました。

環境的なことは
何も変わっていませんが

しいていえば
SNSをやめたことくらい。

それもよかったですね。

だって、

見ず知らずの人の日常を
知る必要はないし

わたしなんかは
コンサルタント気質が働いて

その人が
どうしたらさらに良くなるかとか

頼まれもしないのに
頭が仕事をしてしまうので

見ないほうがいいのです。

仕事でSNSを使っているなら
必要だと思いますが

女の人は
あんまり見過ぎないほうが
いいように思います。

女の人にとって
最も大事なのは

「いま」の「自分」だから。

いまここにいない
誰かのことばかり考えたり

いまここに
ないもののことばかり考えても

意味のないことだし

そんなことよりも
すべての根元になっている

自分の体。
自分の体感。

それを
丁寧に取り扱っていくことで

それが
めぐりめぐって

遠くの誰かまで、伝播する。

ていねいに
喜んでいますか?

ていねいに
怒りを感じていますか?

ていねいに
哀しみを味わっていますか?

ていねいに
楽しさを感じていますか?

喜怒哀楽

どれだって、同じ「体感」です。
どれだって「あなた」です。

差別することなく

あなたが
あなたを
ていねいに取り扱う。

どれを軽視することもなく。
どれを重視することもなく。

都度、言葉に出すと
その体感は鮮明になり

言葉が耳から入ることで
それがまた体に染み込みます。

ただ水を飲むときでも
それを感じたなら

「美味しい」

って、言うといい。

ただ空を見ただけでも
それを感じたなら

「うわぁ、綺麗」

って、言うといい。

その場にいる「自分」と
自分が感じたことを

もっと感じることが
できるから。

「はあ、今日も楽しかったな」

「この靴はラクでいいな」

「お風呂って、気持ちいいな」

「なんだか今日も幸せだな」

つい出てしまったひとことが

あなたが
あなたに
知らせてくれる。

「今」という「現実」を。

そういう

ささいな「現実」が、ミルフィーユみたいに折り重なって

なんともいえない
味がする。

あなたにしか作れない
味になる。

ネットの中は

過去のものから
未来のことまで

ごちゃまぜで出てくるでしょう。

それも他人のことばだったり
もう売り切れた商品だったり

ここ、には無いものばかり。

ちょっと休むと
わかりますね。

他人のこと
ここにないこと

それにまみれて暮らしていること。

繋がっていられる人とは
何もなくても繋がっていける。

「いま」の「自分」を

たっぷりと膨らませて。

嬉しいこと
欲しいこと
愛おしいこと

それを体の中に
見つけることができるから。

自分の中に還ること。

たぶん、瞑想、とかも、そのためにするものなんでしょう。

瞑想も、我流でやっているから一度学んでみたいな。

今日もゆっくりできました。

模様替えしたりして
一時はてんやわんやになりましたが

今日もつつがなく暮らせました。

ありがとう。

あなたはどんな今日でしたか?

内藤加奈子

【追伸】
このブログだって「他人のことば」です。あなたの体感を探るため、に読んでいただけるなら、わたしも嬉しいです。