PDCAを超えた「現実創造」について

IMG_2874.JPG美しいアート
美味しい食事

誰かが
心を尽くして生み出したものは

そのパワーをいただける気がします。

・・・・・・・・

本を読んで
理論を理解して
PDCAを回して…

その方法も
もちろん「現実的」で無駄がなく

「1つのやり方」であると思います。

・・・・

しかし、

近頃思うのは

「言語領域を超えた部分」での「調和」。

もはや理解を超えて

意識を「調え」
それと「和する」感覚。

それは、

「現実を創る」具体的な方法。

その鍛錬の1つとしても

アートを見たり
食べるものをよく味わったり
じっくりと景色を眺めたりすることは

「イメージ」としての
「描き方」を上達させるうえで

非常に重要な感覚ではないかと
思うのです。

・・・・・・・

IMG_0420
レストランで
このようなアートに出会いました。

こちらの上に
前菜が乗せられて。

IMG_8196

そのあとの
どのお料理も

提供されるシーンまで
全て動画で撮影したくなるような。


そして
ここにも、

ROCOCO Tokyo WHITE

IMG_6057

このブログでも
ご紹介したことのある

私の知人たちが創った
ビールブランドで

ミシュランの星がついたレストランや

有名ホテルなどでのみ
取り扱われるもので

「ラグジュアリー・ビール」と称される

唯一のブランド。

IMG_6400

これが不思議で、

お寿司にも、
フレンチにも、

個人的には
スイーツにまで合うビールで。

この日は
暑い日で、

より一層美味しく感じたのですが

さらに不思議ことに

グラスに注がれたあとで
少し、時間が経ってからのほうが

香りはふわっと
味わいには重さが増して

風味が変化していくのです。

・・・・・・・

時間の経過によって
味わいが変わっていく。

まるで一人の人間の
生き様のようです。

あなたの未来は

どんな「味わい」に成っていそうですか?

あなたは
どんな未来を望みますか?

その感覚を
明確に描く。

先立って、それを「味わう」。

その風味に浸る。

すると、不思議ですね。

現実が追いかけてくるのですから。

IMG_8044

美しいアート
美味しい食事

作り手が

イメージしたものが
現実となっているように

わたしたちも
未来をイメージすることで

それを現実にすることが
できるのですよね。

内藤加奈子

追伸:
インスピレーションをあたえてくれるお料理の数々。レストランの名前は「LATURE」です。

img_4764

内藤加奈子(ないとうかなこ)
1975年東京生まれ。1日生きて居るのがやっとという10代を過ごし、アパレル業界を経て起業するも失敗し、無一文となり、銀座ホステスを経て、再び起業。店舗コンサルタントとして8冊の本を執筆。小規模商店から大手企業までをクライアントに持つ。1児のシングルマザー。

個人セッション
https://wp.me/p6snBX-8Rh

無料メールマガジン
内藤加奈子の「自分スタイルを生きる」を読んでみる
https://mm.jcity.com/MM_PublicSubscribe.cfm?UserID=naito&MagazineID=4&MoreItem=1

Instagram(日常の写真)
https://www.instagram.com/kanakonaito/

Instagram(ファッションの写真)
https://www.instagram.com/kanakofashion/

facebook
https://www.facebook.com/kanako.naito.391

LINE@に登録
https://line.me/R/ti/p/%40ghm4503a

書籍

内藤加奈子Amazon著者ページへ