【花粉症】みんなでチャレンジ!6週間!!

Processed with MOLDIV

花粉症の季節
真っ只中ですね。

症状がつらい方
多くいらっしゃると思います。

わたし自身は
花粉症ではなかったのですが

子どものころから
副鼻腔炎で

鼻をかむと
いつも血が混じっていたり

ハウスダストにも弱くて

長い間、
つらかったので

花粉症の方の苦しみに
わたしなりに共感しています。

そんな私の症状や

友人知人の
「花粉症」が良くなった!

という体験談が
積み重なってきたので

みなさんにもシェアしますね。

(ここからお話しすることは、あくまで体験談であり「治る」ことを保証するものではありません。留意のうえお役立ていただけたらと思います。)

1)そもそも「花粉症」とは何か?
2)その「症状」は「正常」
3)「クスリ」は「リスク」
4)「解毒」するものが多すぎる
5)根本改善には「ミネラル」と「酵素」
6)ミネラルは「単品」では意味がない
7)合成のサプリメントはお金のムダ使い
8)「植物」は「薬」だった


1)そもそも「花粉症」とは何か?


花粉症といえば

目のかゆみ
鼻のグズグズ
止まらないクシャミ

などの症状がみられますが、

これは、
「花粉そのもの」が悪さをしている、
というよりも

「花粉の周りについた有害物質」
悪さをしている部分があります。

花粉の周りには
空気中を浮遊している

・黄砂
・自動車排気ガス
・ゴミ焼却・工場排煙
・金属成分
・硫酸塩やそれを含む微粒子状物質
・有害な香料(発がん性物質含む)

以上や、

それを含むPM2.5などの
大気中の汚染物質が

花粉が飛ぶ季節に
花粉の周りに付いて

体内に入ります。

花粉自体は
30ミクロンと大きいので

呼吸器の奥深くには
入っていかないのですが

以上を含む「アレルゲン」が

人体内に侵入して
抗体と結合することで

「発症」するのです

花粉内部にも
そのアレルゲンは存在しますが

それ以上に
「花粉のまわりにくっついている有害物質」

辛い症状の原因となっています。


2)その「症状」は「正常」


以上のように、

「異物」が入ってくるので

涙が出たり
クシャミが出たりして

体の外に出そうとしています。

ですから

涙が出るのも
鼻がグズグズするのも
クシャミが止まらないのも

異物を
体の外に出そうとする
「正常な働き」なのです。

その

「異物を外に出す」という
「正常な働き」を

薬で止めてしまおう、というのが

「花粉症の薬」であるわけですが

これでは

「正常な働き」を止めてしまい
「症状にフタ」をするだけで

「根本的な解決」にはなっていません。

今年も症状が出ないように
そろそろ薬を飲み始めないと・・・

と「対処」をしたとしても、

「根本的な解決」

をしなければ、

来年も
再来年も

目のかゆみ
鼻のグズグズ
止まらないクシャミに

悩まされ続けることになるわけです。


3)「クスリ」は「リスク」


「薬」というのは

これらの症状に「フタ」をする
ことができるので

「その場しのぎ」的に
「楽」にはなります。

ですが、

化学合成された薬というのは

石油でできているものが
ほとんどですので

毎年、
花粉症のシーズンになるたびに

「薬品=石油」を

体のなかに
溜めていくことになります。

体に溜まった石油は、
脂溶性であるため

体内の「脂肪」に溜まっていきます。

・皮下脂肪
・内臓脂肪

はもちろんのこと

「脳」も70%が
「脂肪」と言われていますから

「石油」は
「脳」にも溜まっていきます。

脳のなかの
海馬や、大脳新皮質は

わたしたちの

「行動」や
「感情」を

司っていますから

もしあなたが
不安な状態や
悩みやすい傾向にあったり

どこか
臓器の働きが悪かったりというように

心身とも
病気を引き起こしやすい原因になるのです。

「その場しのぎ」

ができたつもりでも

長期的には
さまざまな病気の原因を

体の中に
取り込んで
溜め込んでしまっているといえます。


4)「解毒」するものが多すぎる


わたしたちの
すべての細胞が「働く」には

「酵素」が欠かせません。

花粉の周りについた
さまざまな有害物質を

体外に出すのにも
「酵素」は使われています。

「有害物質」といえば

花粉症にまつわるもの以外にも

代表的なものとしては、

【口から入るもの】
日頃食べている
食品に含まれる添加物
(日本だけが1500種類と飛び抜けて使用されています)

【肌から吸収するもの】
化粧品の保存料
(綺麗になりたくて使っているものに、肌荒れの原因が含まれています)

【鼻から嗅ぐもの】
柔軟剤の香料
(鼻から吸い込んだ物質は0.2秒で脳に到達し、全身の神経系に悪影響を及ぼします)

以上も

石油でつくられた
化学合成物質がほとんどですので

やはり、
体にとっては「異物」です。

これらの
「異物」を
「解毒」しようとして

やはり
「酵素」が消費されるわけですが

「酵素」が働くには
「ミネラル」が欠かせません。

代表的なミネラルとしては
カルシウム、カリウム、鉄分、亜鉛・・・などがありますが

この50年間で
世界中でミネラルが不足しています。

(ミネラルは単体で摂ってもあまり意味がありません。詳しくはお読み下さい)


5)根本改善には「ミネラル」と「酵素」


ダムを建設したり
堤防を作ったり
下水を整備したりすることで

山の上のほうにあるミネラルが
下にある畑に降りて来ない

家畜や人間の排泄物を
畑に戻さなくなってしまった、など

近代的な生活をすることで
わたしたちは「ミネラル」を失いました。

鉄分減少率
(画像はネット上からお借り)

このように
この50年で

ほうれん草の鉄分は
13分の1になっています。

私たちの体では
ミネラルをつくることはできませんから

食べ物から
摂取するしかないのですが

もはや
お野菜からいただくことは
できなくなってしまいました。

体に
ミネラルが不足しているということは
酵素が働くことができず

「解毒」する力が弱くなっている、

ということなのです。

解毒できるだけの

「ミネラル」と「酵素」が摂れていれば

わたしたちの体は
わたしたちの祖先がそうであったように

花粉症や
皮膚炎など
さまざまな症状から解放されて

化学合成物質を
脳や体に溜め込むこともなく

感情も行動も
健やかでいられるだろうのに

食事からも
皮膚からも
鼻から嗅ぐものも

石油由来の
合成品がてんこ盛りの現代。

まずは、

「その場しのぎの薬品」ではないもので

辛い症状をケアしながら

「ミネラル」と「酵素」を補給して

解毒する力をサポートしていくことが

「根本からの改善」には

欠かせないと
わたしは考えています。


6)ミネラルは「単品」では意味がない


わたしは、

カルシウムだけ
鉄分だけ
カリウムだけ
亜鉛だけ

といったように

「単品」で摂取していたのですが

1種類だけ摂っても
ミネラルの働きには限りがあります。

oke_riron1
「リービッヒの最小率」という、
「植物の成長」のしくみでいうと

ミネラルは
総合力、チーム力で働くので

1種類が
100点満点にとれていても

ほかの1種類が
30点であったなら

すべてが
30点分しか働かない、というしくみなのです。

ですから

鉄だけ
カルシウムだけ
カリウムだけ
亜鉛だけ・・・

といった形ではなく

oke_riron2
70種類以上を
満遍なく摂取する必要があるのです。

IMG_0112


7)合成のサプリメントはお金のムダ使い


「マルチミネラル」
「酵素サプリ」

などは、

ドラッグストアでも
ネット上の広告でも

よく見かけますが、

「鉱物性」「石油由来」のものが

ほとんど、のようです。

これらは
分子が大きいので

細胞に吸収されづらく

なんと
8%〜12%しか吸収できないといわれています。

また加齢によって
3〜5%にまで減少してしまうとも。

「マルチミネラル」
「酵素ドリンク」

といった商品は
多く出回っていますが

「植物成分配合」というものでも

ちょっとだけが植物性、なのでは
意味がありません。

主体となるものが
「植物性」でないものは

プラシーボとしての
効果はあるかもしれませんが

せっかくお金を使って
飲んでいるのに

吸収できていない。

これは「酵素」も
ほかのあらゆるサプリメントも同様で

植物性、
植物由来でないのなら

まるで
お金をドブに捨てているのと同じ。

せっかくなら
しっかり吸収できて、

根本の改善力をサポートしてくれるものを
使いたいと思うのは

そして
体の中からキレイで
体の中からパワフルでいたい、と思うのは

嫌な症状からは
離れていきたい、と願うのは

わたしだけ、でしょうか。


8)「植物」は「薬」だった


ミネラルも
酵素も

「植物」由来のものを選び
「解毒」のサポートを受けて

有害物質に
対応できる体をつくること。

これが

花粉症をはじめ、

皮膚のトラブル
体調不良のサポート
脳からの感情や行動のサポート

などに
役立つことがわかってきました。

「薬草」
といった言葉もあるように

日本にも
「漢方」の文化があるように

「植物」というのは元来
「薬」の役割を果たしてきたことは

ご存知のとおりです。

たとえば・・・身近なところでは

腰痛や肩こりの
湿布薬や、塗り薬のなかに

「サルチル酸メチル」という

スースーとした成分がありますが

これは
「ウィンターグリーン」
という葉っぱから蒸留される

「エッセンシャルオイル」の主成分でもあります。

スクリーンショット 2022-03-30 2.29.50
スクリーンショット 2022-03-30 2.30.43
この「ウィンターグリーン」の成分を

石油合成品で再現したのが
市販されている肩こり・腰痛の塗り薬

なのです。

ほかにも

植物の成分を
薬で再現、代用したものが

世の中にはあふれています。

大事なことなので
同じことを、何度も申しますが

石油は
体に溜まっていきます。

解毒しなければ
多くは溜まっていきます。

しかし、

植物のエッセンシャルオイルは
「揮発性化合物」なので

体に対して働いたら
体から抜けて出て行きます。

であれば

花粉症の辛い症状に対応するのも
「植物」のほうが

安全かつ
安心ではないかと思うのです。

日本の薬機法では
薬ではありませんから

もちろん「治る」とはいえませんが

海外では
「花粉症」に対応するものとして使われている植物があります。

・ペパーミント
・ユーカリプタス
・ティートリー
・レモン
・カルダモン
・カンファーリーフ
・ラベンサラ

などが当てはまります。

IMG_0113
(わたしはいつも携帯して使っています。もうオイルがない生活は考えられません。)

これらを使って

目のかゆみ
鼻のグズグズ
止まらないクシャミ

などの不快感をサポートしながら

そして、

・レモン
・オレンジ

などの「柑橘系」のエッセンシャルオイルの

体内クレンジング
のサポート力を借りながら

・70種類以上の植物ミネラル
・植物酵素
・エッセンシャルオイル

を使って

根本から生活と人生を見直して
みませんか?

「その場しのぎ」ではなく

ずっと元気で
ずっと笑って
大切な人と生きていくために。


根本から生活と人生を見直して
心身ともに元気に生きる

人間力超活性講座【花粉症と現代病編】


【日時】
4月13日(水)21:00スタート
(すべての日時は録画を配信しますので、参加できない回も後日観ることができます。)


【内容】
体について、現代病のしくみについてを学びながら、毎週さまざまなテーマでミーティングをして「笑える体」をつくるプログラムです。あなたご自身のみならず、ご家族など大切な方のためにご参加いただくことも可能です。

以下のスケジュールで6週間にわたり
ミーティングを5回開催します。
4月13日(水)21:00-21:30
4月20日(水)21:00-21:30
4月27日(水)21:00-21:30
5月11日(水)21:00-21:30
5月18日(水)21:00-21:30

※くれぐれも、6週間で治る、という目的の講座ではありません。この期間に、根本から見直すこと、植物性のアイテムを使って体験することを通し、今後の長い人生に役立つ内容を学んでいただきます。


【参加費】
通常価格 84,800円のところ
3月31日(木)23:59までのお申し込みに限り
季節の応援価格 →29,800円

参加費には以下を含みます。
私や、辛い状態から解放された友人知人が愛用してきたアイテムを一式お送りします。

・植物性ミネラル70種類含有(1ヶ月分)
・植物酵素(1ヶ月分)
・鼻や気管をサポートするオイルのサプリメント
・海外で病院で使われているエッセンシャルオイル数種類
(レモン、オレンジ、オンガード、ペパーミント、ラベンダーなど)
・腸内環境を守るための除菌ミスト
・快適ルームスプレーづくりキット
・鼻や気管をサポートするオイル配合のキャンディー など
(内容は適宜、最善のものとするため変更する場合があります)

IMG_0113
IMG_0017

スクリーンショット 2021-12-30 6.51.13
(画像はイメージです)


【特典】
内藤加奈子による60分の個別相談をお受けになれます。
(体のことでなくても、なんでもご相談いただけます。ご相談でなくとも、内藤と話してみたい、という方も多くいらっしゃいます。お気軽にご活用ください。)


【お申し込み】
カレンダーが表示されますので3月31日を選択してお進みください。
本プログラムは女性男性問わずご参加いただけます。
https://select-type.com/rsv/?id=ON6cOa7gm2E&c_id=223680
スクリーンショット 2022-03-30 3.58.43
(スマートフォンではヨコにするとご覧になりやすいです)


IMG_0112

わたしは
ここ3年ほど、

・ミネラルを70種類以上摂る(植物性)
・ビタミン、ミネラル、オメガ3、酵素などを摂る
(合成のサプリメントではなく植物由来)
・腸内環境を改善する
・デトックスに取り組む
・食事の添加物を減らす
・経皮吸収する薬品に気をつける
(天然成分のフェイス・ボディ・ヘアケアに切り替える)

以上のようなことに
気をつけて暮らしていたら

鼻の症状はもちろん

気がつけば

・冷え性
・生理痛
・腰痛
・季節性の肌荒れ
・不安症 など

「あたりまえ」だと思っていた
不快な症状が

気がつけば
無くなっていました。

そればかりか、

なんだかどんどん
若返っていくのです。

健康も、美容も

いまの社会の構造を知り
それに対応して生きいくには

「情報」と「判断力」が欠かせません。

根本から生活と人生を見直して

心身ともに元気に生きる
人間力超活性講座で

ぜひ、これらの力をマスターし
日々を快適に笑って暮らしていきましょう。

その知恵は

あなたと
あなたの大切な人を
一生涯守ります。

内藤加奈子


【お申し込み】
カレンダーが表示されますので3月31日を選択してお進みください。
本プログラムは女性男性問わずご参加いただけます。

https://select-type.com/rsv/?id=ON6cOa7gm2E&c_id=223680
スクリーンショット 2022-03-30 3.58.43
(スマートフォンではヨコにするとご覧になりやすいです)


img_0818

内藤加奈子(ないとうかなこ)
アパレル業界を経て起業。接客や店舗づくりとしてのVMD(ヴィジュアル・マーチャンダイジング)に関する独自のメソッドやコンサルが反響を呼び、これまで8冊の本を執筆。小規模商店から大手企業までをクライアントに持つ。現在はVMDを店舗のみならず、お家の「家具の配置」に応用することで、暮らしやすい、生きやすい環境づくりから人生を変えるアプローチを展開。「自分らしい媚びないライフスタイル」を生きたい女性のための彼女のブログは、多くのファンの支持を得ている。

*無料メールマガジン
内藤加奈子の「自分スタイルを生きる」を読んでみる
https://mm.jcity.com/MM_PublicSubscribe.cfm?UserID=naito&MagazineID=4&MoreItem=1

*LINE公式アカウント
お知らせの受け取りは、LINE公式アカウントが確実です。ご登録はこちら。
https://line.me/R/ti/p/%40ghm4503a

*facebook
https://www.facebook.com/kanako.naito.391

*Instagram(日常の写真)
https://www.instagram.com/kanakonaito/

*Instagram(ファッションの写真)
https://www.instagram.com/kanakofashion/

*著書

内藤加奈子Amazon著者ページへ
http://amzn.to/2gdGN06

e382b9e382afe383aae383bce383b3e382b7e383a7e38383e38388-2017-10-12-19-25-38-3

Processed with MOLDIV