母親は、アレクサじゃない

お母さんがおっばいをくれて、お母さんが抱っこしてくれて、お母さんがいないないばあをして笑わせてくれて。世界はお母さん(他人)によって快適だったから、それを大人になっても他人に求めるのは間違い。

他人によって満足な状態にさせていただけていたのは、自分でできなかったから。自分でできない間の「期間限定サービス」。その期間はとっくに終わっています。

ネットで見かけた不快感に「不快だ」とわざわざコメント?それは「オギャーオギャー」と書き込んでいるのと同じ。他人によって満足を得ようとする限り、あなたはオギャーオギャーと泣き続け、無力な被害者であり続ける。

「幸せな人」というのは、他人のせいにしない「大人」。期間限定サービスの継続をまわりの他人に押し付ける赤ちゃんのままでは幸せには生きられない。夫が?妻が?上司が?部下が?兄弟が?親戚が?親が?こどもが?その関係をつくり、継続を選んでいるのは自分。

わたしも赤ちゃん全開で生きてきたので、うまくいかなかった。今は自分に向かってオギャーと叫びます。自分で世話をしながら、人様にご迷惑をかけたときは頭を下げながら生きてます。下手くそなりになんとか上達しようともがいてます。あなたもそうでしょう?

お互いさま。あなたもあなたも。芸能人は大変ですよ。見ず知らずの人にまで頭を下げて。下手を晒しながら生きる姿を見せてくれているのだから。むしろこちらが頭が下がる。知らない人にまでオギャーオギャー言う外野は、映画の感想を言いながら毎日生きているのとおなじ。自分のスクリーンには何も上映しないまま。そんな洗脳が、3S政策。セックス、スポーツ、スクリーン。それらに惹きつけられるようにメディアで。その感度も感動も他人のもの。便乗しているだけ。気をつけていないと、バーチャルが自分の人生にすり替わる。楽、だから。でも、楽しい、だろうか。

幸せ、には手間がかかる。サービスを自分にしなくてはならない。他人さまに快適を求めて、不快に注文をつけているうちは檻の中。サービスの悪い店?そこを選んだのは自分。給料の安い会社も、自分を評価しない会社も。自分のセンスを磨くのみ。

子どもに快適を求める親までいる。不登校?家に置いておいたらいい。学校でないと仕事がない?中卒のあの人のほうが稼いでいたり。そんなの例外?少数派?少数派を怖がるのは多数決の弊害か。親の勉強不足でこどもを追いやって家出した娘が犯罪に巻き込まれて、頭を抱えないで(たとえばのはなし)。子どもに幸せに生きてほしいだけでしょう。笑って生きていてほしいだけでしょう。時代が変わったというより、事実が見えてきただけ。恐れずに自己否定するだけ。

私たちは死ぬまで発展途上。知り、改めて、未熟さを知り、間違い、改めながら生きる。そんな仲間。指を差し合うことに意味はない。みんな下手くそに生きてるんだから。あの有名人も、あの社長も、見えない裏側では下手を生きてる。みんな同じ。やさしく。弱い。

敵・味方 良い・悪い そこじゃない

わたしたち凡人が指を差し合うのが、この時代には一番不要で危険でもある。だって、この時代の戦争は国対国ではなく、支配層とそれ以外の人々、で行われているのだから。国と国でも戦争は起こっている?よく調べていただけたら。

情報戦。日本でもすでに沢山の方が亡くなられていて。超過死亡者数。11万人以上が例年より多く亡くなられた。ワクチンによる薬害も認定されはじめ、しかし補償がされても、お父さん、旦那さん、お母さん、奥さん、お姉さん、妹さん、お兄さん、弟さん、お子さん、たちは、もう二度と帰らない。もう二度と会うことも話すこともできない。ある朝突然に冷たくなっていた家族。信じるかどうか?単なる事実を?意見と事実は区別しなくては、事実と感情を区別しなくては、ドラマの中に居てはこの情報戦では生き残れない。

私たち凡人が、私たち市民が、大勢の私たちが、指を差し合い批判し合うように、争うようにインプットされる情報。それも計算されていて。原爆をどのタイミングでどこに落とせば日本人が一番戦意を喪失するか、それも計算研究し尽くされていました。あの大学によって。

日本人は危険ですから。お国のために家族のために、若い男の子が片道の燃料を積んで、命がけで。そんな国はほかにないのですから。焼け野原からわずか70年年でこんな近代国家を作ってしまう国は、ほかにないのですから。玄米と味噌と少しの幸で、米俵を何俵も持ち上げるような精神と肉体を持つ日本人は、早く弱らせておかなければ。長く生かして、しかし病気にして、お金にしなければ。そしてその列にちゃんと並ぶように教育(洗脳)していかなければ。100年計画の70年までは成功。無念。指を差し合い列に並んで、ベルトコンベアーに乗って順番を待つ。口を開けて昆虫までを受け入れかねないその列から、早くあなたを引き摺り下ろしたい。あなたが大切だから。あなたが。あなたが。あなたが。あなたも。